鹿の燻製バージョン2

f:id:mkgoto47:20180307123325j:plain

f:id:mkgoto47:20180307123335j:plain

f:id:mkgoto47:20180307123345j:plain

f:id:mkgoto47:20180307123359j:plain

f:id:mkgoto47:20180307123408j:plain

最近、燻製づくりにはまっています。

先日のプロ仕様の鶏の燻製を作った教訓から、家庭でできるもう少し手の込んだ燻製を考えました。

前回は塩を擦り込んでビックル液に数日つけて燻していましたが、今回は塩、スパイス、胡椒、砂糖を擦り込んで数日フリーザーパックに入れて真空に近い状態で冷蔵庫で寝かせました。
そのままでは塩がきつすぎるので、半日以上水につけて塩抜きをして1晩水抜きをして水分を飛ばしました。

最後に8時間ほど燻して1日寝かせて完成です。

仕上がりは前回のにくらべて、ちょうどよい塩加減になったのと水分が抜けて3分の1ぐらいまで縮んでドライ感がしっかり出ました。

1食1塊ぐらいで切らなくてもそのままかじりつきながら、それをおかずにご飯をたべるとちょうどよかったです。

次は干し肉づくりにチャレンジしてみたいと思います。